« 2月本部例会 | トップページ | 伝統鍼灸臨床セミナー »

2017年3月15日 (水)

3月本部例会

3月12日本部例会、講習部終講式、総会、懇親会が行われました。

研究部に於いて、杉山流三部書、消渇(しょうかつ)の項を講義しました。消渇は古典では体内の熱ため、多飲、多尿などの症状が起こることです。現代では糖尿病に当たります。

しかし。東洋的考え、また、西洋医学的考えでは、病気として違います。現代の糖尿病は数年単位で病気に関しての状況説明が違います。検査も治療も昔と違います。今はヘモグロビンA1の測定で検査します。治療もインシュリン投与、食事療法、運動療法が行き渡るようになりました。

現代は糖尿病の治療が早く受けられて良い面もありますが、生活にかなりの制限が出来て、精神的に気落ちするようなことが起きています。鍼灸で糖尿病に於ける生活の質が下がることを防ぐ事が出来ます。

« 2月本部例会 | トップページ | 伝統鍼灸臨床セミナー »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月本部例会 | トップページ | 伝統鍼灸臨床セミナー »