« 第22回経絡大学技術講座 | トップページ | 経過 »

2017年11月 9日 (木)

9月から11月本部例会、及び、10月日本伝統鍼灸学会・金沢大会

ブログを書くのを二月間も空けてしまいました。気(心配)になった方が居られましたら、申し訳ありませんでした。体調は良いです。

9月3日の本部例会は外来講師講演がありました。「脳が毎日成長する強化法ー左手を使うだけで脳トレー」加藤プラチナクリニック院長、加藤俊徳先生の講演でした。私のような年齢でもまだまだ脳が復活するそうです。これから、ダンスでも始めようかと思いました。鍼灸でも頭はスッキリしたり、痴呆症が改善しますが、脳の復活にはやはり本人の努力も必要なのでしょう。リハビリと同じですね。

10月1日の本部例会は経絡治療実践講座のテーマが「小児治療」に変わりました。私の臨床ではアトピー皮膚炎、喘息、虚弱体質他に、近年、15歳以下の脱毛症の来院が増えています。本会で言う、気と血の問題と考えますが、やはり、気の問題が大きく関わっていると最近は感じます。

10月14日、15日に日本伝統鍼灸学会学術大会(金沢大会)に行って来ました。実技講演・東方会の治療・丸山治東方会会長の座長を務めて来ました。今回の大会は一般口演、各公演もビックデーターとして未来には使える方向に行く感じがしました。

11月5日の本部例会は本会の特徴である「相剋調整」についてのシンポジウムでした。私の意見としては陰経の虚を補って、陽経に邪が出て来た時に邪が診えない、また、邪の処理が上手く行っていない人が居るのが気になるところです。

寒くなりました。風邪に気をつけましょう。後、50日位でお正月です。

« 第22回経絡大学技術講座 | トップページ | 経過 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第22回経絡大学技術講座 | トップページ | 経過 »